Mozuku.jpg

​モズク

学名:Nemacystus decipiens

別名:イトモズク

科:モズク科

About Mozuku_text.png
Mozuku_edited.png

ナガマツモ科の海藻で、主に熱帯から温帯の浅い海に分布しており、日本海沿岸に生息する天然のモズク(ホソモズク)と、沖縄県で養殖されているオキナワモズク(フトモズク)に分類されます。日本で消費されているもずくの95%以上が沖縄産もずくで、約9割が養殖のものです。

 

【モズクの効果効能】抗酸化作用、保湿効果、美肌効果、新陳代謝促進

Mozuku-image.jpg
For your skin_text.png

抗酸化作用

モズクには有効成分の「ミネラル」や「フコイダン」が豊富に含まれており、体内の活性酸素によるサビ化から毛髪やお肌などを守ってくれます。また、紫外線や刺激などで発生した活性酸素を減少させる働きもあるため、シミやたるみの予防が期待できます。

Haibisukasu_button.png
Point_text.png

保湿効果

サトウキビエキスに含まれる「グリコール酸」により、皮膚の保湿・保護・柔軟効果で柔らかな表皮を期待できます。

Point_text.png

腸内環境を整える

「フコイダン」が、腸内で善玉菌の栄養源となり、腸内環境を整えてくれます。また、コレステロールを取り込んで排出し、食物繊維も含むため、腸の運動を活発にさせて便秘を改善します。

Point_text.png

デトックス効果

「フコイダン」には、腸内で余分な脂肪を吸着し、排出してくれる働きがあるため、デトックス効果が期待出来ます。

Point_text.png

ダイエット効果

低カロリーなことはもちろんですが、小腸・大腸で水分を吸収すると、何十倍にも膨らむ性質があります。そのため、満腹感を得ることができ、ダイエットにも役立ちます。
また、「フコキサンチン」という成分が、脂肪の燃焼を促してくれると言われています。

Point_text.png
Gettou_button.png
Hechima_button.png
Aloe_button.png
Satoukibi_button.png