Gettou.jpg

ゲットウ

学名: Alpinia Zerumbet

科:ショウガ科

別名:アルピニア

花言葉:爽やかな愛

About Gettou_text.png

沖縄県を含む亜熱帯地方に群生する「ショウガ科」の植物です。古来より漢方薬として利用され、健胃整腸、食欲増進、毒虫刺され、咳止めなどの効果が伝承されています。沖縄では、伝統行事や食文化にも取り入れられており、もっとも身近な植物として親しまれています。枯らした月桃の葉を衣装タンスの引き出しに入れてカビ予防、衣類害虫予防に使用されていたこともあります。このような抗菌効果や防虫効果は月桃の葉の精油成分により発揮します。「月桃」は葉・茎・花・実と余すことなく利用できる貴重な植物であり、さまざまな美容効果があります。

 

【月桃の効果効能(月桃精油を含む)】

抗酸化作用、抗炎症作用、収れん作用、保湿作用、抗菌作用  など

Plants_Gettou_edited.png
Gettou.jpg
For your skin_text.png

肌の老化防止

月桃には「赤ワイン約34倍のポリフェノール」が含まれていると言われています。肌の酸化を防止する植物由来の「ポリフェノール」は、肌にダメージを与える活性酸素を抑え、細胞のダメージを減らし、老化を防ぎます。

Point_text.png

しわ、たるみの改善

しわやたるみは弾力成分(コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸)が減少し、肌の弾力が失われることによって起こります。月桃には弾力成分の生成促進作用や、分解酵素による減少を抑える「カワイン」という成分が含まれています。

Point_text.png

新陳代謝UP

月桃はショウガ科の植物です。生姜は血行促進作用が注目され、冷えの対策などとして使われますが、月桃にも同じように肌の血流を良くする作用があり、細胞の新陳代謝を高めることに繋がります。

Point_text.png

美白サポート

月桃に含まれる「フラボノイド」はビタミンC(※)の吸収を助ける成分です。また、月桃有効成分がシミの原因となるチロシナーゼの生成を抑制します。
 

※ビタミンCはシミなどの原因になるメラニンの生成を抑えます。

Point_text.png

保湿、肌荒れ・くすみの防止

月桃に含まれる「オレイン酸」は皮脂の構成成分の一つで、肌の保湿を高め、乾燥が原因で引き起こされることの多い肌荒れやくすみの防止になります。

Point_text.png

ニキビ、吹き出物などの改善

ニキビの原因はアクネ菌が引き起こす毛穴内部の炎症ですが、月桃の抗菌成分の働きにより炎症を抑えます。沖縄の月桃には在来種の「シマ月桃」と台湾の月桃との掛け合わせの「タイリン月桃」があります。効能は同じですが、弊社では香りが柔らかめの「シマ月桃」を使用しています。また、月桃の香りは、女性ホルモンを整え生理痛や更年期障害などの症状緩和にも期待できます。

Point_text.png
Aloe_button.png
Satoukibi_button.png
Haibisukasu_button.png
Hechima_button.png
Mozuku_button.png